0
¥0

現在カート内に商品はございません。

BLOG新型コロナウイルスやPCR検査のこと

  1. ホーム
  2. 新型コロナウイルスやPCR検査のこと
  3. 【コロナウイルス関連用語】ワクチン接種証明書

【コロナウイルス関連用語】ワクチン接種証明書

ワクチン接種証明書の提出により自主隔離の短縮の対象となる人は、厚生労働省による「ワクチン接種証明書の発行国・地域」に指定されている国・地域から入国する場合です。日本を含む64の地域が対象です。

 

認められるワクチン接種証明書は以下の5つの条件全てを満たす必要があります。

 

  1. 対象地域の政府等公的な機関で発行された接種証明書
  2. 必須項目が日本語又は英語で記載(氏名 ・生年月日/パスポート番号 ・ワクチン名又はメーカー ・ワクチン接種日 ・ワクチン接種回数)※ 日本語又は英語以外の場合、接種証明書の翻訳(日本語又は英語)が添付されれば有効
  3. 認められるワクチン名/メーカー(Pfizer、AstraZeneca、Moderna)
  4. 2回以上接種が完了している
  5. 日本入国・帰国時点で2回目のワクチン接種日から14日以上経過

カテゴリ一覧

ページトップへ